OMStory(お仕事妄想ストーリー)♡JK×TY編♡25

デート⁈これってデートって言っていいよね⁈ヾ(≧∇≦) 口から心臓が飛び出しそうになりながらテギョンさんの少し後ろを歩く私。 「ジャージのままで悪いけど、買い物付き合ってほしいんだ」 へい!喜んで!!!(≧∇≦*)💕 「見合いの、、適度にラフな服がなくてさ…」 Σ( ̄□ ̄)!忘れてた~お見合いがあるのね(T^T) 彼は私をチラッと見て、…

続きを読む

OMStory(お仕事妄想ストーリー)♡JK×TY編♡24

「ぷっ、携帯忘れてたー?」 テギョンさんが急に吹き出した。 私ってそんなにドジでしょうか(T^T) ツボに入ったのか、笑いながら、彼は言った 「だから電話つながらなかったんだな。」 「え!私も土曜つながりませんでしたよ!」 「その日から、仕事トラブってたからな」 そっか、私用の携帯OFFにしてたんだ… !!!!テギョンさんもかけてく…

続きを読む

OMStory(お仕事妄想ストーリー)♡JK×TY編♡23

「…………」 沈黙が…………重い💧 「テギョンさん、、、ここで何されてるんですか?」 「ランニング」ぶっきらぼうな返事。 「あの歌手と知り合いだったんだ?」 「え!いえっ。金曜に携帯忘れて、親切にしてもらって…それから知り合いに…。」 嘘はついてない… でもなんだろこの後ろめたさ… …

続きを読む

OMStory(お仕事妄想ストーリー)♡JK×TY編♡22

そしてジュンケイ君が私の方を向くと、 今までニコニコだった顔が何故か一瞬真顔になった 「僕、今、すごく切ないlove songが浮かびました!曲にしに戻りますね!」 と、急に立ち上がり、微かに笑顔を作ってお店に戻っていく。 「え?!ジュンケイ君?」 彼について行こうと、振り返ったら… 「テ、テギョンさん。」 そこにはちょっと怖い顔…

続きを読む

OMStory(お仕事妄想ストーリー)♡JK×TY編♡21

そして、なんだか仲良くなったジュンケイ君のランチに付き合うことにした。 お店の外の公園ベンチで、色々と話してみると、ジュンケイ君はシンガーソングライターでプロを目指しているらしい。だから歌えて、ピアノを使わせてくれるこのお店でバイトしてるんだって。 「ワァ~犬のパンかわいいですね⤴チュッ」 パンにキスするあなたがかわいいです💕(≧Д≦)💕 ※お写真お借りしまし…

続きを読む

スポンサーリンク