OMStory 2 -41(TY☆JH編)ー別れ道ー

「あ、ここでいいよ。ありがとう。」 さすがに、マンション前まで送ってもらう訳にはいかないもしも、ジュノが出てきたりしたら………ちょっとややこしいから 私は車を降りた ユウコ「お嬢様またね~♡」 オク君も一応、運転席から出て私を見送ってくれる…勿論、目を合わせようとはしないけど オク「…じゃぁ……。あ、ユウコ、助手席来いよ!」 オク君は、すぐ…

続きを読む

OMStory 2 -40(TY☆JH編)ーいい関係ー

ジュノの家へ行く約束の日 それは、ジュノのお兄さんの都合で何だかんだいってずれ込んでいて その間もずっと、私はオク君とのことを悶々と悩んでいた 家を出ようとリビングへ行くと オク君が家に来ていた 久しぶりに見る彼は変わらず、誰か見でも好印象な青年だった 仕事の件で父を訪ねてきたらしい でも、一人では…

続きを読む

OMStory 2 -39(TY☆JH編)ー望みー

オクネコ「にゃー♡にゃー♡」 オク君には、もう会えない……それが現実だと思うと息もできない… 父と同じ会社… 近くにいるのに、 遠い。 でも、偶然出会ったりしないかな? なんて願って、会社の近くを歩いてみたり、遠回りしてオク君のマンションの近くを通って大学に行ったりした もはや、ストーカーよね(T-T) でも、そこで偶然、オクネコちゃんに出会った …

続きを読む

OMStory 2 -38(TY☆JH編)ー心の痛みー

ガチャン「あ!ジュノ!またここで生活してる!(`ε´)」 「あ!センセ、ハロー、ひさしぶり~♡今日は可愛いじゃん!」 「今日は?(-.-#)」 「アハハッ♡」 「でも、ジュノがいて良かった…」 「は?」 「あ!そう言えば、ジュノってタバコ吸うの?」 「なんで?あんま吸わねーよ、舞台役者の美声の為にも♡」 「ほら、香水つけてるから。この前、気がついたんだけど。」 「あー、…

続きを読む

スポンサーリンク