OMStory 2 (TY☆JH編) 8




オク君と二人きりで

向き合っているお見合いの席。





でも…………沈黙、




心臓の音が大きく聞こえる




ああ、何を話していいか分からない(T-T)




「………本当に、大丈夫ですか?

顔色が良くないようですが?」




「あ!いえ、大丈夫です!あの、ただ、、

緊張して!お見合いとか苦手だから…」





あ!また、苦手とか口が余計なことを(>o<) .





「そうですか。見合い、

乗り気じゃなかったんですね。」





 「え!」

そんなーーーー!!(ToT)





「僕も、苦手なんです、こういうの。

あ!お嬢様が嫌とかじゃなくて、

なんか、コンパとかお見合いとかが。」




「わ、私もです!

オクさんは素敵ですけど、お見合いが!」





「ククク(笑)良かった。気が合いますね。」





(≧∀≦)♡♡

きゃー!笑ってくれた♡

ヤバいってこーいう事!?


嬉しい……♡





「…とりあえず、、

御飯食べながら話しましょうか?」





「は、はい。」




それからオク君は、やっぱり紳士で、

気を使って色々話てくれた






猫を飼ってるとか ↓


99029F19-B810-4BD9-97E1-CA921F9BB58A.jpg




いつか海外で働きたいとか ↓


429CBD5D-9A2B-460A-9781-4BF414BE4C42.jpg





実家の近くに山羊がいたとか ↓


75BF78DF-DC29-464B-91E3-41E9F5225F66.jpg




スポーツが好きでよく体を鍛えてるとか ↓


B706B70B-870D-4F9E-95D1-AF787976AEC3.jpg9AD5E48D-8E37-48C0-B262-DBB4E23CB9A1.jpg





気になる恋愛話は聞けなかったけど、

とても楽しくて、

時間があっという間に過ぎてしまった……







食事も終わり…




まだ3時!帰りたくない…。

お茶に誘おう!

あ、でもジュノは誘って貰えって言ってた、、、


A44DF8FB-C5F9-46DE-AB9A-C07BB95931A6.jpg




どーしよー ‼︎






「そろそろ、出ましょうか?」




 「…はい。(T-T)」




「あ、僕達、これからどうしましょうか?」




「え?!」(≧∀≦)♡




「あの、社長にこの結果をどうお伝えすべきかと。」




「あ…(T-T)(T-T)」




…ご縁がなかったって、

オク君から社長の父には言いにくいよね…





「ごめんなさい。こんなパワハラ的なお見合い。父にはちゃんと言いますから、

気にせずに断って下さい!」





「…お嬢様、お父上は私的なことを

仕事に持ち込む用な方ではありませんよ。」


と彼は真面目な顔で言った




「あの、勝手ですが、せっかくのご縁ですので、

友人としてお付き合いさせて頂けたらと

僕は思っています」





きゃーー!(≧∀≦)♡♡♡♡♡♡




う、嬉しいっっ


友人、喜んで!!!




…待って、友人って事は社交辞令?

お見合い断ったら、私の顔が潰れるから?

て、ことは、やっぱり彼女いるんだよね……(T-T)










※お写真お借りしました。


この記事へのコメント

スポンサーリンク