OMStory 2 -51 (TY☆JH編)ー100点だな!オクsideー


オク君はオク猫ちゃんを私に預けて、
サラッとロスに行ってしまった   


D0CF0B46-9C15-4B23-B91B-A85EBD292F19.jpg



出発の時ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オク「じゃ、俺頑張ってくるから…多分忙しくて連絡あまりできないけど、学生とイチャイチャせずに待ってろよ!」


そう言って、ポンポンと私の頭を叩く


あの日から、ちょっと偉そうなオク君が、、

更に好き♡          

8100296F-797A-480A-8E76-428119104B13.jpg


「しないよ!……あ!ジュノが、、『最初に嘘っていったじゃん』ってオク君に言っといてって。……何のこと?」


オク「『最初に』?…………ウソ!まじかよ!」

何故か凄くビックリした様子のオク君

そして、すぐにクククと笑いだした  



「何なの~?」



オク「いや、アイツにヤラレタと思って……
アイツ役者志望だっけ!?」


「うん。だから何??」


オク「いい役者になるよ、きっと。ククク、
お嬢、アイツと普通に喋っても良いぞ、
許可する(笑)」


「なんで??」

ほんと、意味分かんないよ…??


オク「秘密~。あ!でも、抱きついたりは、
なしだからな!」



「…………」

私は、
オデコに祝福のキスをされた事を思い出して…俯いた



………………………………………オクside


ジュノだっけ!?
まじで……ホントやられた…   

4023338D-DF9D-43C5-8D83-9F14EE3172AD.jpg


嘘って、舞台稽古が嘘って事だけじゃなくて、
『センセをもらう』ってのも嘘って事かよ!


俺、まんまと、煽られたってことか…


くやしいけど結果、感謝しねーとな……



……しかし、お嬢のこの沈黙は何だ?
何故、目をそらして下を向く?
すっげーヤマシイ顔してないか?


オク「お嬢?何?…………もしかして!
またアイツとハグしたとか?!」


それは、俺キレるよ!   


A84DC64D-6642-4200-9A79-8F51719975C5.jpg



「ひゃっ!あの、ごめんなさい!」

そして、何故かオデコを押さえるお嬢…



オク「はぁ?」
いや、ダメだ俺、怒るな。冷静に聞かないと、
また前みたく嫌な雰囲気になっちまう…


「……ほんと、そーいうのじゃないんだけど。
ジュノは、、私の恋愛の師匠っていうか…ダサいファッションとか直してくれるし…」


オク「で?」

我慢だ、俺。      


81E012AD-25F1-4008-B800-4862B12F0318.jpg



「…今回も、オク君と仲直りできたこと、
喜んでくれて…」


そーだろーな。アイツの策どおりになったし。

オク「それで?」


「ジュノって、リアクションが外国人並みって言うか、オーバーで………」



オク「それで、…抱き合ったってこと?」
頷きながら、
また、オデコを押さえて下向くお嬢……


おいおい、まだ何かあるのかよ?!


「………オデコに……祝福のチュッて…」


はぁ?!
まじかよ!キスはダメだろ!?


いや、落ち着け、俺。
オデコだからな、
祝福だからな、
アイツにはカリもあるしな、
外国なら、そういう表現文化もあるしな

大人なところ見せないとな!俺!



…………………………………………………………


チラッとオク君を見る私

やっぱり…怒ってるーー(T-T)
眉間にシワ寄ってるもん
どーしよ、どーしよ


怒ってくれるの嬉しい(≧∀≦)
でも、どーしよ(>o<)


「ほ、ほんと、祝福だから!軽く、オデコだから!それ以降は、ほんと、近くに座ってさえいないから!」

一生懸命、弁解する私。


すると、オク君は大きく深呼吸して


オク「それだけ?…もう隠し事ない?」


激しく頷ずく私


オク「もう、ホントそーゆうのはなしだからね、お嬢!」


「勿論!たまたまだよ!」

え?許して…くれてる??



すると、オク君は私の両肩に手をポンと置いた
そして、ちょっと上の空を見ながら言った



オク「まぁ、俺も…そーいうオーバーリアクションな国に今から仕事しに行くし…」



ええっ!もしかして、仕返しーーー??(T-T)
確かにそうだ!挨拶でハグする国!!
オク君が美女の罠にかかったらどーしよ(>o<)


私の不安気な表情を見て、
彼は嬉しそうにクククと笑った


やっぱり仕返しー(>_<)



オク「で、お嬢、ケガしたのこの辺?」

私の前髪をガサガサかきあげるオク君



「え…ケガって(>_<)……オク君、
ごめんなさいって!!」

やっぱり、当たり前だけど、
気にしてるよねー(>o<)怒ってるー

と焦る私。




すると、オデコの辺りで、チュッとlip音がした



え?



私のオデコにキスした?




オク君を見上げる私


オク「ん?」

私の前髪をカサカサ直しながら、私を見る彼


「い…ま?」

段々、熱が上がってきて、
自分の顔が赤くなってきてるのがわかる


すると、オク君は笑顔で言った



オク「今のでちょー消し♡
お嬢、ちゃんと浮気せずに俺を待ってるんだぞ!」




………………………………………オクside


どうだよ、俺?今日は100点だな! 

96844D35-1154-449F-A1E2-F99F15585763.jpg

※お写真お借りしました

この記事へのコメント

スポンサーリンク